胃がん:予備的研究 – 遺伝子検査

胃がんは、主に腸型と拡散型の2つのカテゴリに分類されます。

拡散型ではないながら、腸型胃がんは通常、潰瘍の原因となる細菌ヘリコバクター・ピロリ菌による感染に関連付けられています。

これまでの研究では、2つのタイプは2つの異なる経路を通り成長することと、遺伝子は拡散型胃がんに対しより重要であることを示唆しています。

米国では113人の男女のうち1人が生涯にわたって胃がんと診断されます。

胃噴門腺がんという胃がんの稀なサブタイプのリスクに関連している遺伝子の要因についての23andMeの実証済み研究レポートをご参照ください。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

この病気に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文