フェニルケトン尿症 – 遺伝子検査

Newborn screening, which involves a small blood sample taken from a baby's heel,<br />
            identifies almost every child born with PKU.

フェニルケトン尿症は(PKU)フェニルアラニン水酸化酵素(PAH)遺伝子の変異によって引き起こされます。

これらの変異はPAH酵素を阻害し、アミノ酸の毒性構築をもたらすフェニルアラニン代謝から適切に体を守ります。

フェニルアラニンは必須のタンパク質の基礎成分ですが、異常に高レベルなフェニルアラニンは回復不能な重度の脳損傷を招きます。

PKUはPAH遺伝子(それぞれの親から1つ)の二変異コピーを継承した子のみ発症することを意味し、劣性遺伝します。

症状の重症度、およびどのような対策を取る必要があるかは、継承される特定の突然変異に依存します。

普及した新生児マススクリーニングより、先進国のほぼ全てのPKU保有幼児は早い段階で識別されます。

低フェニルアラニンダイエットは、人生の早い段階で開始した場合、一般的なPKUで見られる重い障害を予防するのに効果的です。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

上記に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文