骨髄増殖性腫瘍 – 遺伝子検査

骨髄増殖性腫瘍(MPN)は、その骨髄中の”骨髄”血液細胞の過剰産生から生じる、珍しい血液疾患です。

MPNSは、さまざまなフォームで形成され、本態性血小板血症(ET)、真性多血症(PV)、骨髄線維症(MF)、慢性骨髄性白血病(CML)はそれらの疾患の中の一つとして含まれています。

MPNのほとんどのタイプは癌であり、すべてのフォームは稀です。10万に以下のアメリカ人に影響を与えています。

MPNを持つ多くの人々は、良くこの病気の診断目印であるV617Fと呼ばれるJAK2遺伝子の必須変異を持っています。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

上記に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文