中鎖アシル CoA 脱水素酵素 (MCAD) 欠損症 – 遺伝子検査

Individuals with MCAD deficiency must eat regularly to maintain their blood sugar levels.

MCAD欠損症は、ACADM遺伝子の変異によって引き起こされます。

ACADM遺伝子は、食べ物を分解し、保管体脂肪をエネルギ-に変える酵素の生産を行います。

MCAD欠損症は、エネルギー源の不足のため、定期的に食事をすることで血糖値を維持する必要があります。

そうすることで、痙攣や昏睡、無気力状態の急性疾患を避けれます。

発病者は、適切な食事介入に従わないと、突然死を招きます。

MCAD欠損症は、各親からACADM変異を継承することで、劣性遺伝します。

約15,000分の1の幼児が米国内でMCAD欠損症を持って生まれてきますが、北西ヨーロッパの方が、より一般的です。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

上記に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文