肢帯型筋ジストロフィー – 遺伝子検査

Physical therapy and stretching exercises can help maintain mobility in people with<br />
            limb-girdle muscular dystrophy

筋ジストロフィー(筋萎縮症.)は、異常な筋肉のタンパク質に起因する進行性の筋肉変性によって特徴付けられる疾患の大区分です。

肢帯型筋ジストロフィーは、主に腰と肩の周りの筋肉、同時に足と腕の上部の筋肉にも影響を与える特定タイプの筋ジストロフィーです。

肢帯型筋ジストロフィーは、多くの異なる遺伝子の変異によって引き起こされる場合があります。

症状は異なり、どの遺伝子が変異したか、また、現在もっている変異したタイプに依存されます。

一部の肢帯型筋ジストロフィーの発病者は、歩行能力を失い、深刻な障害に苦しみます。

一方で、その他の人は、年数が経てども、経度の障害を持つことになります。

世界中の人々の123,000分の1と14,500分の1の間では、LGMD型の何らかの影響を受けています。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

上記に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文