C型肝炎治療の副作用 – 遺伝子検査

一般的に、体内から完全に撃退することが可能であるインフルエンザウイルスとは異なり、C型肝炎ウイルスの感染は、しばしば慢性的です。

つまり、毎年世界中で新たに感染した3~4百万人の人々は、ウイルスが肝臓に存続し、それは、肝硬変や癌を含む疾患のリスクを大幅に増大させることを意味しています。

最近では、2つの画期的な治療薬が承認されているが、現在の治療コースは、未だにペグインターフェロンとリバビリン(PEG-IFN/RBV)薬を用い、治療の少なくとも6ヶ月を必要とします。

PEG-IFN/RBV療法は、しばしば赤血球の減少(貧血)および血小板減少(血小板減少症)を含む重篤な副作用を引き起こします。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

上記に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文