妊娠性糖尿病 – 遺伝子検査

妊娠糖尿病(GDM)は、妊娠中の女性に血流からグルコースを抽出する身体能力を減少させ、インスリンへの抵抗を導く2型糖尿病と同じ代謝の問題を発症する原因となります。

米国の妊婦の約3〜5%に発症しています。

ある女性は自分の血糖値を監視したり、妊娠中にインスリンの摂取が必要かもしれませんが、出産後に症状は軽減します。

GDMを持つ母親の幼児は通常より思い症状かもしれなく、生後まもなく黄疸、呼吸窮迫症候群及び低血糖を経験する可能性が高くなります。

これらの幼児及び母親は、また、その後の人生においてGDMの発症する可能性が高くなります。

男性の場合は、この発症はありません。

娘がいる場合は、あなたから何らかの遺伝的な影響を受ける可能性があります。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

上記に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文