全身性白斑 – 遺伝子検査

白斑は、メラノサイトと呼ばれる色素産生細胞の損失を引き起こし、人口の約1〜2%に影響を与える症状です。

皮膚に乳白色の班模様が発症します。

白斑は、体の孤立した地域(焦点白斑)、体の側面全体(分節白斑)、 または一般的な白斑の場合には、体全体に発症します。

色素脱失は、初期症状として通常、手、足、腕、顔や唇などの皮膚の日光にさらされる部分にあらわれます。

症状はどの年齢でも発症しますが、ほとんどの人は10〜30歳の間に初期症状があらわれます。

一般的な白斑の原因は複雑であり、完全に判明されておりません。

しかし、それは、乾癬、関節リウマチ、甲状腺疾患などの他の自己免疫疾患に共通の遺伝構成要素を共有していると考えられています。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

上記に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文