胃がん(胃噴門腺がん) – 遺伝子検査

胃がんは、世界で5番目に多いがんで、がんによる死亡原因の第2位の一つです。

米国では比較的まれですが(114人に1人が生涯にわたり胃がんと診断されます)発症率は東アジアでははるかに高く、中国だけで毎年新たな症状の半分が毎年診断されます。

男性は女性よりも2-4倍発症率が高くなります。

喫煙、食生活、そして慢性的な胃の炎症を含む環境要因が胃がんリスクの大きな役割を果たしています。

このレポートでは、東アジアにおけるPLCE1遺伝子に共通のDNA変異型に関連付けられている胃がんのまれな形態、胃噴門腺がん(GCA)、について触れています。

胃がんのいずれかのタイプに関連付けることが遺伝的要因に関する予備的研究は、私たちの胃がん:予備的研究レポートで見つけることができます。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

この病気に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文