フルオロウラシルの毒性 – 遺伝子検査

5-FU is a chemotherapy drug used to treat many different types of cancer.

5 – フルオロウラシル(5-FU、商品名Adrucil®、また時にはカペシタビン/ゼローダ®と呼ばれる別の形態で規定されています)は、結腸直腸、乳房、食道、胃を含むいくつかのタイプの癌を治療するために使用される化学療法薬です。

薬は非常に有効ですが、欠点があります。

この治療を受けている約30%の人は、重篤で、時には致命的な毒性に苦しみます。

毒性の多くの場合は、通常、体内で5-FUを分解DPDと呼ばれる酵素の欠乏によるものです。

DPD欠損症を持つ人の約半数は、酵素をコードする遺伝子に変異を持っています。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

上記に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文