食道扁平上皮がん(ESCC) – 遺伝子検査

食道がんは喉と胃をつなぐ管に影響を与えます。

主な環境要因は、アルコール消費(飲酒)、喫煙、熱い液体を飲む、そして塩漬けや保存食品の摂取で、食道がんのリスクを高めます。

世界的には、食道がんは最も一般的で致命的ながんとしてランクされ、毎年約50万の新しい症例が診断され、ほぼ同数の人が死亡しています。

食道がんはヨーロッパや北米と比べ、男性で2-4倍、女性は3-4倍以上東アジアとアフリカ南部で流行しています。

食道がんのサブタイプである食道扁平上皮がんは、東アジア系住民でPLCE1遺伝子における共通のDNA変異体に関連付けられています。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

この病気に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文