冠状動脈性心臓病:予備的研究 – 遺伝子検査

冠状動脈性心臓病(CHD)は、冠動脈疾患とも呼ばれ、血液と心臓に供給する動脈の閉塞を特徴とする症状です。

CHDは息切れ、胸痛(狭心症)と心臓発作を引き起こします。

CHDは、世界中の男女における主要な死亡原因となっています。

米国では、毎年、約120万の人々が心臓発作を発症し、多くが致命的な症状となっています。

CHDのリスクは、民族性によって異なります。アフリカ系アメリカ人、南アジア人は白人よりリスクが高く、白人は東南アジア人よりもリスクが高くなっています。

男性も女性よりもCHDのリスクが高く、健康的なライフスタイルの選択がCHDの予防に大きな役割を果たします。

これは、下記の団体に提出している “予備調査”報告書であり、科学研究所の確認が必要であることを意味しています。

この症状のために確立された団体をカバーする、冠状動脈性心臓病の”設立研究”報告書もあります。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

上記に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文