カナバン病 – 遺伝子検査

For a recessive disease like Canavan disease, a child whose parents are both carriers<br />
            will have a 25% chance of developing the disease, a 50% chance of being a carrier, and<br />
            a 25% chance of being neither.

カナバン病はアスパルトアシラーゼ酵素をコード化したASPA遺伝子の変異によって引き起こされます。

これらの変異は、体細胞内の化学物質“アセチルアスパラギン酸(NAA)”の蓄積につながり、酵素活性の欠乏を引き起こします。

理由は不明ですが、過剰なNAAは脳内白質の大部分であるメイリンの破壊を生じさせます。

カナバン病は、ASPA遺伝子(それぞれの親から1つ)の二変異コピーを受け取った子のみが、発症、劣性遺伝します。

症状としては、精神遅滞、運動技能の喪失、異常な筋緊張、視覚的な変性と急速な頭囲増加が含まれています。

カナバン病のほとんどの人は子供の頃に死亡しますが、一部は思春期または成人期まで生き残ります。

誰もがカナバン病を引き起こす突然変異の保有者(キャリア)になりますが、アシュケナージ系ユダヤ人の祖先を持つ人々の中で最も一般的です。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

上記に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文