膀胱がん – 遺伝子検査

膀胱がんは、特に米国男性ではわたしたちの生活の過程において約4%の確率で発症し、かなり一般的です。

女性の間では膀胱がんの生涯リスクは1%より少ないです。

遺伝子が膀胱がんのリスクにどのくらい影響を与えるかはまだはっきりしていません。

膀胱がんはほとんど家族で発症しなくても、親戚のいずれかまたは複数の疾患があった場合には、リスクが高くなる傾向があります。

時にはリンチ症候群とも呼ばれる遺伝性非ポリポーシス大腸がん(HNPCC)の家系の場合、尿路系や大腸、子宮、卵巣および他の器官のがんを発症する人のリスクを増大させることがあります。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

この病気に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文