ベーチェット病 – 遺伝子検査

ベーチェット病は、循環系の慢性炎症を特徴とする自己免疫疾患です。

最も一般的な疾患症状は、、口内炎、性器ヘルペス、皮膚の発疹や損傷です。

また、目、大動脈や脳などのような特定の部位における慢性炎症に関わらず、重篤な合併症を引き起こす可能性があります。

ベーチェット病は、中東、アジア、日本で最も一般的であり、何世紀も前に古い絹貿易ルートに沿って始まったと広がった可能性があります。

ベーチェット病の原因は知られていないが、遺伝的要因と環境要因の両方が関係していると考えられています。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

上記に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文