心房細動:予備的研究 – 遺伝子検査

心房細動は、心臓の二つの小さな上部小室が不規則に拍動します。

症状自体は特に危険ではありませんが、それは、脳卒中につながる血栓を導く可能性があります。

心房細動はとても一般的で、全体の約200万人のアメリカ人が発病、特に60歳以上においては5-8%という発病率です。

これは、当団体が下記の科学研究所による確認作業が必要であることを意味し、 “予備調査”の報告書となっています。

この心房細動のために十分に確立された団体を含む “設立研究”報告書もあります。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

上記に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文