アルファ1アンチトリプシン欠損症 – 遺伝子検査

Low levels of alpha-1 antitrypsin can lead to COPD.

α-1アンチトリプシン(AAT)タンパク質は、白血球から放出される好中球エラスターゼと呼ばれる強力酵素の有害な影響から体内の特に脆弱な肺組織を保護します。

AAT欠損症では、遺伝的変異は、血流中の保護タンパク質のレベルを減少させます。

また、 慢性閉塞性肺疾患(COPD)へと導き、具体的に肺気腫および肝疾患につながる可能性があります。

AATタンパク質阻害する喫煙は発病者にとって、肺疾患のリスクを増大させます。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

上記に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文