アルコール消費(飲酒)、喫煙と食道がんのリスク – 遺伝子検査

A mutation in the aldehyde dehydrogenase gene (ALDH2) leads to "alcohol flush" and an<br />
            increased risk for esophageal cancer.東アジアの祖先を持つ人々でしか発見されない遺伝子変異は、がんを引き起こすことが知られている毒性の高い物質の代謝のために重要であるアルデヒドデヒドロゲナーゼ酵素の欠乏を引き起こします。

この物質、アセトアルデヒドは、食品や飲料の様に自然に発生したタバコの煙に含まれていて、アルコールの分解産物です。

アルデヒド脱水素酵素欠損はアルコールを飲むとき東アジアの祖先を持つ多くの人々が経験する赤い顔、吐き気と急速な心拍数増加-いわゆる「アジア フラッシュ(Asian flush)」の原因の 1 つです。

この酵素欠損症のはるかに深刻な側面 1 つは、世界で最も致命的ながんの食道がんのリスクを増大するという事実です。

このリスクは、喫煙・飲酒の両方を行う方が特に高いです。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

この病気に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文