アルコール依存 – 遺伝子検査

アルコール依存症の遺伝は38%と64%アルコール依存症は、継続的な飲酒によるアルコール中毒と薬物耐性、禁断症状など否定的な身体症状をもたらすにも関わらず、抑圧不能なアルコールへの欲求が組み合わさった複雑な疾患です。

これは、遺伝的要因と環境要因が、おそらく問題になる人口に応じて、この状態を担う様々な危険性の到達に貢献することを意味しています。

リスクを高める環境要因は、アルコールまたは薬物乱用の家族歴、 一般的なアルコール乱用を示す仲間を持ち、男性であり、文化的背景、早期年齢での飲酒、不安や抑うつのような精神疾患を含みます。

アルコール依存症の役割を持つかもしらない遺伝子は、脳内の化学成分とアルコールを処理する肝臓能力に影響するものが挙げられます。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

上記に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文