アバカビル過敏症とその副作用 – 遺伝子検査

Abacavir is used in combination with other drugs to treat HIV.

アバカビル(商品名Ziagen®;構成成分 Epzicom ® and Trizivir ®)は、ウイルスが再生するために必要である酵素を阻害することによって動作し、HIV治療に用いられる薬です。

薬は非常に効果的ですが、アバカビル治療を用いた8%の人々は、発熱、発疹、呼吸困難、疲労、吐き気が特徴とした過敏性反応を経験しています。

この症状は、 薬の摂取中断後、徐々に消えていきます。

アバカビルに過敏性を示す全ての人が、HLA-B *5701と呼ばれる特定の免疫のマーカーを持っています。

しかし、このマーカーが不足している人々は、別のタイプの副作用を併発します。

現在は、アバカビルを処方する前に、HLA-B *5701のテストを標準的に実施しています。

遺伝子検査キット23andMeのご紹介

23andMeの遺伝子検査はあなた自身の健康の理解をより深くします。

あなただけのDNAが何と言っているのか発見しよう
240を超える健康状態と体質のレポートを手に入れよう(※)
23andMeがすすめる、あなたの次の行動を知ろう


あなたの体がカフェインを早く代謝したり、高いリスクの病気があったりするかどうかなどを遺伝子検査で発見することができます。

あなたのDNAを知れば知るほど、自分のことをもっとよく理解できます。

※日本人を含む東アジア系住民のレポートは123項目となっております(2013年8月現在)詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧

上記に関する遺伝子を調べられます。遺伝子検査キット23andMeのご注文