23andMe, Inc. とは

NHKスペシャル 2013年7月7日 運命の遺伝子-あなたは未来をどこまで知りたいですか

動画共有サイトで大変参考になる番組が掲載されていましたのでご紹介します(動画の最初には広告が入りますので、再生開始までしばらくお待ちください)。

下の動画が再生できない場合はこちら

23andMeの概要

23andMeは2006年4月に設立したアメリカの会社です。創業者の1人にアン・ウォジツキさんがいますが、この方は Google の共同創業者セルゲイ・ブリンさんの奥さんです。

主なサービスは「個人ゲノムサービス」で、個人が簡単に遺伝子を調べられるサービスを目指しています。

23andMeの名前の由来

23はヒトの染色体23対を表しています。Meは「私」ですね。

23andMeのサービスの流れ

[1] アメリカの23andMe社サイトから「遺伝子検査キット」を購入すると、指定の住所に検査キットが届きます

[2] 検査キットに唾液を入れ指定住所に返送します

[3] 数週間後、検査結果をオンラインで確認することができます

23andMeの検査項目

2013年8月現在、23andMeのレポート項目は民族性により下記のように異なっています。

ヨーロッパ系住民:235項目
東アジア系住民:123項目
アフリカ系住民:80項目

日本人は東アジア系なので123項目になります。詳しくは検査対象となる全ての項目の一覧をご確認ください。

23andMeの日本の言語レポート

2013年8月現在、23andMeのサイトは日本の言語で表示することができません。したがって、レポートも日本の言語ではなく英語で表示されます。しかしGoogle Chrome を使うと日本の言語でないサイトを表示したとき「日本の言語に翻訳しますか?」ときかれるので、「翻訳」ボタンをクリックすると日本の言語に自動翻訳されます。詳細はトップページをご覧ください。

23andMeのサービスを日本で受けるには

2013年9月現在、発送先として日本を選択できないため、米23andmeのウェブサイトから直接キットを購入することはできません。ぜひ幣サイトのトップページをご覧いただき、代行サービスをご検討ください。

遺伝子検査23andMe日本へ転送・輸入代行